神戸を中心に阪神地区でイエス キリストを主と崇め礼拝するキリスト教会

教会について

  • HOME »
  • 教会について

神戸キリスト栄光教会へようこそ!

1960年、米国オープンバイブルの宣教師夫妻達によって、神戸市長田区腕塚町5丁目の路地裏にあった、10坪ほどのダンスホールを改装し、生まれた教会です。
1995年の阪神淡路大震災を被災し、神戸市の都市計画があり、2000年9月に現在の場所に移転しました。
2020年現在、三田、三木、大久保、芦屋、加古川、兵庫、新長田、西神の枝教会を開拓し、主イエスキリストの愛を地域に届けています。

安心できる教会。家族で集う教会。子どもから若者、若い家族、高齢者と全世代が集う教会です。
ぜひ、ご家族揃って教会にお越し下さい。心から歓迎いたします。

3つの会堂

神戸キリスト栄光教会

神戸キリスト栄光教会は1960年オープンバイブル教団のアメリカ人宣教師達によって開拓宣教がなされました。
1977年より今日まで3代目の主管牧師、菅原亘・涼子夫妻によって指導がなされています。
聖書の教えに忠実に従い、聖霊に満たされ、イエスキリストの愛の実践を目指しています。
優しさと親切さと善意、誠実な関係で教会は今日まで成長し続けています。
安心できる教会。家族で集う教会。子どもから若者、若い家族、高齢者と全世代が集う教会です。

集会案内 アクセス

三田ホーリーチャペル

三田ホーリーチャペル三田ホーリーチャペルは1997年、神戸キリスト栄光教会の枝教会として兵庫県三田市界隈に開拓されました。アメリカ宣教師たちの手による木造の温かみのある会堂で、アットホームな雰囲気の中、毎週土曜、日曜日と礼拝を捧げています。心からあなたを歓迎します。

集会案内 アクセス
ホームぺージ


三木ホーリーチャペル

三木ホーリーチャペルは、神戸キリスト栄光教会の家庭集会から始まり、2015年、三木市桃坂でコーヒーショップをリフォームした会堂に、自然豊かな風景で、毎週日曜日に集い、礼拝が捧げ、集いがもたれています。心からあなたを歓迎します!

集会案内 アクセス
facebookぺージ

沿革

1960年 エキシィ リチャーズ宣教師 長田区西尻池アパートにて伝道開始
1961年 菅原亘牧師、リチャーズ師の英会話クラスに出席、菅原長老もリチャーズ宅に出入り開始。
1962年 大橋聖書教会誕生、神戸市長田区腕塚町5丁目、路地裏の10坪、フジダンスホールを改造、菅原亘、進、受洗。ジョン ヘック宣教師、山下義美神学生達により本格的な伝道牧会が始まる。
1964年 ジョン ヘック宣教師帰国、P L ラウンズ宣教師、東京・町田市開拓へ、菅原亘献身を諦め、菅原電機へ入社。東京オリンピック開催。
1966年 エキシィ リチャーズ宣教師、明石へ転居し山下義美牧師着任。
1968年 大阪万博開催。
1969年 山下義美師退任して、九州、牛深教会へ転任。新任に二代目、鈴木五郎神学生着任。
1972年 鈴木五郎神学生、牧師按手を受ける。
1975年 大橋聖書教会、宗教法人資格を取得。
1976年 会堂建設完成、総面積20坪、2階建て建物。総予算600万円。
1977年 鈴木五郎牧師、カルバリー教会へ転任、菅原亘長老、フルタイム献身を開始、生駒聖書学院に入学。エキシィ リチャーズ宣教師、神戸に再度居住。
1980年 菅原亘牧師、生駒聖書学院を卒業し、牧師の按手を受ける。
1982年 エキシィ リチャーズ宣教師、帰国。
1983年 第二回目、会堂建設完成、総面積48坪、総予算5,900万円「神戸キリスト栄光教会」に改称。
1988年 第三回目、会堂建設完成、総面積153坪、総予算1億3000万円。城ヶ丘教会墓地を購入。
1991年 二代目主任牧師、鈴木五郎牧師、召天。
1993年 エキシィ リチャーズ宣教師、召天。
1995年 阪神・淡路大震災1・17、甲子園聖書教会、会堂建設、完成8月。
1997年 三田ホーリーチャペル完成、三田開拓開始。
1999年 第四回目、新会堂建設地取得(230坪)、12月起工式。
2000年 9月20日、新会堂入堂、11月23日献堂式、総面積380坪。
2010年 8月29日、創立50周年記念礼拝、村上好伸師。大久保H C開拓開始(7月)
2015年 三木ホーリーチャペル開始。
2018年 大久保ホーリーチャペル自立へ、1月から独立礼拝開始。兵庫シャロームハウス開始。
2019年 1月、芦屋シャロームハウス開始。3月、加古川ゴスペルハウス開始。
2020年 8月30日、創立60周年記念礼拝、有賀喜一師。

KCGC沿革

教会理念

教会(群れ)理念・神の愛の共同体
1 礼拝と宣教を最優先する群れ
2 愛と安らぎを生み出す群れ
3 いやしと活力を生み出す群れ
4 主イエスキリストの再臨と携挙を待ち望む群れ
5 献身と奉仕の群れ

教会成長の土台と目標

1 霊とまことによる礼拝と祈り
2 聖書の健全な学び
3 宣教の拡大と愛の実践
4 信頼ある交わり
5 賜物と才能の活用
6 500名の聖徒への成長

教会スタッフ 紹介

菅原 亘 主管牧師 涼子夫人

菅原 亘・涼子このページを見られたあなたの上に特別な聖霊の満たしがありますように祝福を祈ります。
私は、1944年10月18日、大阪市港区に生まれました。時は折しも第二次世界大戦の只中、日本の敗戦濃色の中で、米軍の大阪空襲から逃れるために4歳まで兵庫県加古川市に疎開をしていました。そして、17歳の高校3年生の春に、近所に住んでいました無料で教えてくれるアメリカ夫人の英会話に行くようになり、それがきっかけで、教会に導かれ、その夏に主イエスキリストを救い主と信じ、洗礼を受けました。
26歳で妻、涼子と結婚し、27歳で長女、歩を授かり、32歳で神様に生涯献身に導かれ、生駒聖書学院にて学びました。36歳で牧師としての按手を受け、現在に至っています。

娘も結婚し、二人の男児を授かり、グランドファーザーになりました。教会では徳を建て上げるために個人預言聖会を持ち、個人預言の中でも度々、聖霊の賜物である“癒し”が顕著に現わされる事や、メッセージに油注ぎと力が増し加えられる事。使徒的な働きをする事などが与えられています。特に、癒しと解放のミニストリーが展開していくようにお祈り下さい。

願いは、日本と世界の霊的覚醒です。その為に、圧倒的な聖霊の満たしを求めています。
それ以外に、日本が変えられる道はありません。この事を本気に願う方々、共に主のために立ちあがりましょう。「聖霊様、ご一緒に日本と、世界をリバイバルさせてまいりましょう」いつも、前向き、肯定的思考を忘れないように心掛けています。

礼拝のメッセージの特徴は、聞く人に信仰と希望と愛を与えます。メッセージの内容は、いつも肯定的な内容です。特に分かりやすい言葉を使うようにしています。決して難解な話しは致しません。子どもから、おばあちゃんまで分かるお話、新しい人から、信仰の達人まで分かるお話しです。このページを見て下さったあなたの人生に、圧倒的な主イエスにある祝福と勝利がありますように宣言いたします。

牧師・宣教師・伝道師 紹介

 

牧師・宣教師・伝道師

お気軽にお問い合わせください TEL 078-612-5511 〒653-0845 兵庫県神戸市長田区戸崎通3-9-12

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.